サマット山 Mt.Samat National shrine in Bataan

パンパンガを早朝出発し、途中高速道路でスピード違反でつかまりながら(笑)何とかサマット山に到着しました。

高速を降りてしばらく走ると正面に大きな十字架が見えてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山のふもとに着くとこの日は日曜だったのでバイクツーリングの団体が

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

駐車場からは結構登る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここは途中にある戦争記念館(平和祈念館)

ここからまた階段を上る、あいにく老朽化のため十字架へは登れない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山を下る途中、休憩場所があったので持参した昼食を取りラスカサス・フィリピナスへ向かう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

RTX1200 1台で欲張り設定 IPSECトンネル・ぷららIPoE・DS-Liteもすべて

前回まででルーター2台+HGWでで来た事

・IPoEによるIPv6-何の設定も必要ない 笑

・IPSECトンネル

・DS-Lite IPv4 over IPv6

これを一台のルーターで処理したい・・・

そして以下のような構成になった

IPSECトンネルは基本デフォルトゲートウェイに向かうようです。

しかしPC等からのインターネットアクセスは、

DS-Lite(IPv4 over IPv6トンネル)を使いたい。

そこでデフォルトゲートウェイ1をPP1(DHCP Lan2 Lan3でも可)

デフォルトゲートウェイ2を始点フィルタリングで、トンネル1(IPv4 over IPv6)に向ける。

始点フィルタリングは、DHCPで割り当てる範囲に指定すれば、PCやスマホはDS-Liteへ向ける事が出来ました。

設定IPv6関係

lan2をトンネル1に使用しています

IPSECトンネル(lan3にdhcpでアドレスを割り当てIPSECトンネルをこちらに向けています。)

ip route default gateway dhcp lan3 gateway tunnel 1 filter 4 3
ip filter 3 reject-nolog * * * * *
ip filter 4 pass 192.168.100.2-192.168.100.80 * * * *

これでDHCPで割り当てられるPCはトンネル(DS-Lite)へIPSECトンネルはlan3へと振り分けられます。

IPSECトンネルは、lan3を利用したPPPoEでも動作確認いたしましたが。
セッションを2つ消費するのはもったいないので、HGWに任せています。
 そのかわりRTX1200のlan3をDMZとする設定が必要でした。
HGWからDHCPで固定のアドレスを(IPv4)をlan3に振っています。

わたしのHGWは、NTTのPR-500KIです。
他のHGWでも同様の設定ができると思います。
今後の課題としてはWiFiノードとその他のノードを同一セグメントとして使う事でしょうか?

追加情報速度テストしてみました。

=== Radish Network Speed Testing Ver.5.3.5.0 β - Test Report ===
使用回線: NTT東 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
プロバイダ: ぷらら
測定地: **************市
-----------------------------------------------------------------
測定条件
 精度: 高 接続数: 1-16 RTT測定: 速度測定前後/速度測定中
 データタイプ: 圧縮可能性低 測定クライアント: JavaScript
下り回線
 速度: 193.1Mbps (24.13MByte/sec) 測定品質: 93.7 接続数: 16
 測定前RTT: 11.5ms (10.8ms - 12.6ms)
 測定中RTT: 11.9ms (10.1ms - 16.6ms)
上り回線
 速度: 421.8Mbps (52.72MByte/sec) 測定品質: 98.4 接続数: 16
 測定前RTT: 11.1ms (10.9ms - 11.4ms)
 測定中RTT: 18.8ms (13.4ms - 76.1ms)
測定者ホスト: **.***.**.***.shared.user.transix.jp
測定時刻: 2018/8/4 17:39:19
-----------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
=================================================================

	

RTX-1200でIPv4 over IPv6・ぷららIPoEネイティブ接続に変更覚書

前回の投稿で、RTX-1200でぷららのIPv4 over IPv6接続がうまくいきませんでしたが、ググると接続できるようです。

元の設定は、PPPoE IPv4 と PPPoE IPv6 の2セッションをRTX-1200で張りそこにIPSECトンネル10本・L2TPトンネル3本で運用していた。

IPSECトンネルを、手持ちのRTX-1500に移し、RTX-1200をコールドスタートして

http://www.mfeed.ad.jp/transix/ds-lite/contents/yamaha_nvr500.html

この設定をコピー&ペーストしたところ難なく接続できた。

前回は、ipip(IPv4 over IPv6)トンネルを追加してデフォルトゲートウェイをこのトンネルに向けてテストしたので、既存の設定が干渉してたのかもしれません。

ルーター2台体制ですが、IPSECトンネルとDS-Lite接続を両方使う事が出来るようになりました。

構成は、以下のようになりました。

WiFi接続は、HGW直下の別セグメントになってしまいましたが、スマートフォンとタブレットなので問題は少ないと思われます。

HGW下にルーター一台ですましたいのですが、DS-LiteはIPIPトンネルをデフォルトルートにするのは必須、1台のルータで済ませるのは難しそうです。

 

 

バナウエ・サガダの旅 その3 Banaue and Sagada tour No3

日程

Day 0 – Friday
2100H Meet up @ SM Pampanga
2200H ETD

Day 1 – Saturday
0500H Banaue Welcome Ark (10mins Picture Taking)
0540H Banaue View Deck (Picture Taking & Breakfast*)
0700H Depart for Sagada
0900H ETA Sagada (Early Check-in if permitted)
0930H Star of Sagada Adventure
☀ Spelunking @Sumaguing Cave (bring extra clothes)
☀ Lumiang Cave
1200H Buffet Lunch*
1330H Bomod-Ok Falls (4-5 hours with trekking, swimming on arrival, bring change of clothing)
1730H Sagada Weaving & Souvenir Shop
1800H Sunset @ Lake Danum (if time and weather permits)
1900H Dinner*
2000H Free Time/Rest

Day 2 – Sunday
0300H Wake-Up Call
0400H ETD for Kiltepan Sunrise Peak (via TopLoad Jeep)
0430H ETD Kiltepan Sunrise Peak (Sea of Clouds is Weather dependent)
0500H Breakfast*
0700H Departure from Kiltepan Peak
0800H Start of Day Tour
☀ Echo Valley
☀ Hanging Coffins
☀ Church of St Mary the Virgin
1000H Check Out and Early Lunch*
1100H ETD Sagada
2200H ETA SM Pampanga (Drop-Off)

 

前日は疲れ果てて夕食もそこそこに寝てしまった、しかし今日も

強行軍、早朝4時には起きキタルパンピークへ、あたりはまだ暗いが多くの人が夜明けを待っていた。

待つこと一時間、ようやく夜が明け始め一面の雲海が現れた。

これは素晴らしい

帰りも大渋滞

ロッジに戻って朝食

最期はエコーバレーへ

ハンギングコッフェン(つるされた棺)で有名なエコーバレーは

観光客も多い、記念写真を撮るのも一苦労

パンパンガへ戻ったのは午後9時を回ってました。

 

バナウエ・サガダの旅 その2 Banaue and Sagada tour No2

日程

Day 0 – Friday
2100H Meet up @ SM Pampanga
2200H ETD

Day 1 – Saturday
0500H Banaue Welcome Ark (10mins Picture Taking)
0540H Banaue View Deck (Picture Taking & Breakfast*)
0700H Depart for Sagada
0900H ETA Sagada (Early Check-in if permitted)
0930H Star of Sagada Adventure
☀ Spelunking @Sumaguing Cave (bring extra clothes)
☀ Lumiang Cave
1200H Buffet Lunch*
1330H Bomod-Ok Falls (4-5 hours with trekking, swimming on arrival, bring change of clothing)
1730H Sagada Weaving & Souvenir Shop
1800H Sunset @ Lake Danum (if time and weather permits)
1900H Dinner*
2000H Free Time/Rest

Day 2 – Sunday
0300H Wake-Up Call
0400H ETD for Kiltepan Sunrise Peak (via TopLoad Jeep)
0430H ETD Kiltepan Sunrise Peak (Sea of Clouds is Weather dependent)
0500H Breakfast*
0700H Departure from Kiltepan Peak
0800H Start of Day Tour
☀ Echo Valley
☀ Hanging Coffins
☀ Church of St Mary the Virgin
1000H Check Out and Early Lunch*
1100H ETD Sagada
2200H ETA SM Pampanga (Drop-Off)

ロッジに荷物を置いてスマッギングケーヴへ、足元は、石灰岩で

とても滑りやすいがつかむものはなにもない、照明もガイドが持つランタンのみ。

慎重に進む、滑り落ちたらおそらく大怪我か命を落とすかもしれないと思った。

次にルミアンケーヴへ・・・ここは内部には入らず入口から昔の棺を見る。

そしてランチ、フィリピンスタイルのブードルファイト

この後地獄が待っていた、まずはジープの屋根に乗って棚田の上に移動

ここから棚田の間を延々と下る事40分以上、やっとオークモッド滝に到着

降りた分は登らないと戻れない、延々と棚田の間を上る事1時間半、疲れ果ててロッジに戻りました。

その3に続く

バナウエ・サガダの旅 その1 Banaue and Sagada tour No1

日程

Day 0 – Friday
2100H Meet up @ SM Pampanga
2200H ETD

Day 1 – Saturday
0500H Banaue Welcome Ark (10mins Picture Taking)
0540H Banaue View Deck (Picture Taking & Breakfast*)
0700H Depart for Sagada
0900H ETA Sagada (Early Check-in if permitted)
0930H Star of Sagada Adventure
☀ Spelunking @Sumaguing Cave (bring extra clothes)
☀ Lumiang Cave
1200H Buffet Lunch*
1330H Bomod-Ok Falls (4-5 hours with trekking, swimming on arrival, bring change of clothing)
1730H Sagada Weaving & Souvenir Shop
1800H Sunset @ Lake Danum (if time and weather permits)
1900H Dinner*
2000H Free Time/Rest

Day 2 – Sunday
0300H Wake-Up Call
0400H ETD for Kiltepan Sunrise Peak (via TopLoad Jeep)
0430H ETD Kiltepan Sunrise Peak (Sea of Clouds is Weather dependent)
0500H Breakfast*
0700H Departure from Kiltepan Peak
0800H Start of Day Tour
☀ Echo Valley
☀ Hanging Coffins
☀ Church of St Mary the Virgin
1000H Check Out and Early Lunch*
1100H ETD Sagada
2200H ETA SM Pampanga (Drop-Off)

集合場所変更、SMクラークを午後10時に出発、途中休憩を取りながらバナウエへ・・

午前4時過ぎにバナウエ到着、あいにくの雨。

棚田(ライステラス)はよく見えない

朝食を取るが、早朝の寝不足のため食欲がない。

朝食を終えるころには多少天候が回復して来た。

サガダに向かう。途中棚田の見えるところで写真撮影

サガダに着くころには町は渋滞が始まっていた。

観光客も多い。

観光案内で確認して今日の宿へ

 

その2へ続く

ぷららIPoEネイティブ接続に変更覚書・DS-Lite (IPv4 over IPv6)も その2

URLが間違っていたのを修正しました。2018/07/13

YAMAHARTX-1200がDS-LITEに対応していると聞いて

まずRTX-1200に以下のページを参照して ip  ip(IPv4 over IPv6)トンネルを設定

http://www.mfeed.ad.jp/transix/ds-lite/contents/yamaha_nvr500.html

デフォルトゲートウェイをトンネルに向けたが何のパケットも帰ってこない、やはりドコモ光ルーターが必要なようです。

ドコモ光ルーター01 ブラックを入手

自動設定であっさりDS-Liteに接続、あっけないくらい 笑

ドコモ光ルーター無のテスト結果

IPv4のISPはぷらら IPv6のISPはMf-transix-eとなっています。

ドコモ光ルーターありの結果

IPv4のISPはMf-native6-eと変化しました。

ちなみにホスト名は、(ipaddress).shared.user.transix.jp となります

まあIPv4 over IPv6 なのでIPv6接続のスピードがMAXでしょう。

試しにドコモ光ルーターのWiFi5GにiPhone7Plusで接続しスピードを計測しました。

ドコモ光ルーターをHGWに直接つないでいないので何とも言えませんが、十分なスピードが出ていると思います。

今後どのような形でDS-Liteを使用するか検討しています。、

ぷららIPoEネイティブ接続に変更覚書・DS-Lite (IPv4 over IPv6)も その1

何気にぷららマイページへログインしたら、IPoE接続の申し込みが出来るようになっていた。

現在2セッションをIPv4(PPPoE)とIPv6(PPPoE)で使い果たしていて、ルーターのテストもままならないので、早速申し込みました。

以前問い合わせたらセッションプラスは取り扱っていないとのお話だったのであきらめていたのですが・・・・

現在のネットワーク構成はこんな感じです。

そして以下のように変更しました。

ぷららからの開通メールが届いたので早速IPv6セッションを切断

まずPCから速度テスト

まずまずですが、物足りないですね。(笑)

ハブを2つ経由してるのでどこかにボトルネックがあるかPCのせいか?

次にHGWのSC-40NE 2へ5Gで接続したiPhone7Plusで計測

下り200Mbps上り400Mbpsはできすぎの感じがしますがさすがにHGW直のSC-40NE 2はボトルネックもなく高速

次はDS-Liteをいじってみようと思います。

ぷららでは、ドコモ光ルーターのみ動作保証との事なので

まずはルーターを入手しなくちゃ 笑

 

 

 

XPS8100 ファン清掃

6年半ほど前に買ったXPS8100の調子がここのところよくないのでチェックしたら、ファンに埃がいっぱい。

購入記録記事(Yahoo Blog)

https://blogs.yahoo.co.jp/ohaoha50/33118993.html

一念発起して清掃開始(笑)

まずは、CPUファンとヒートシンク

次にCPUからこびりついたシリコングリスを取りのぞく

ビデオカードのファンにも埃がいっぱい

すべてきれいにしました。

組み上げて最後にケースについた埃を取って終了